2017年08月20日

お見合いとSonny Landham

婚活っていっても、激しく合コンに行くとか、経済的にも自立した素敵な男性と出逢えそうな会員制クラブに登録するとか、いろいろありますね。

あと、独自につくられた、婚活チェックシートなるものがあって、外見バージョン、内面バージョンとか、いくつかにわかれていて、思わず全部試してみました。
お見合い相手に不足があったかといえば、そういうわけではないのですが、なんだろう、、、難しいですよね。

お見合い結婚は、家族と家族の結びつきを重視している「出会い」とも言えますので、比較的その「ずれ」を解消出来るような気がします。

農村に嫁ぎたい女性が少ないわけではないようですが、お見合いツアーなどの企画が無いかぎり、農村に嫁ぎたいと思っている女性もまた、地方の男性とでうチャンスというのはなかなか難しいようです。

その際には、どのように言えばいいか迷いますが、お相手には仲介の方がうまくご返事していただけると思います。大抵、「フィーリング」や「価値観」の違いを、お断りのお見合いの返事としておっしゃる方が多いようです。

お見合いパーティーやカップリングパーティーなどで良いところは、やはり身元の確かさではないでしょうか。
お見合いの断り方というのは、お見合いの「前」か「後」かによって、少し違ってきます。

中高年の結婚相談所の利用は、なにかと心配や不安が付きまとうと思います。

お相手に失礼の無いマナーなどに気をつけて、お見合いから成婚へと進みたいものですね。

また、プロの撮った写真というのは、より美しく見えるポーズなども分かっていると思いますので、スナップ写真よりもはるかに魅力をひきだしてくれるでしょう。

ご家族のプロフィールについて、生年月日とその続柄だけでなく、細かく書くことが多いということです。


  


Posted by y5her431259 at 00:29Comments(0)お見合い

2017年03月20日

お見合いと

でも、内容をきいてみたら、某有名ホテルのラウンジで開かれる、ごくごくカジュアルなスタイルの婚活パーティーらしいから、キレイめカジュアルで、あんまり気合い入れない感じでいけるのがよさそう。

管理人さんは男性なのですが、いかにダメ男から努力して婚活し、素敵な奥様をみつけたか、までが、日記としてまとめられているんです。
お見合いの断り方で、なにかいい方法はないですかね。

戦前ならば、結婚式で初めて相手を見る、などということも珍しくなかったそうですね。

お見合いツアーでは、実際に農業や漁業などをしている男性の暮らしぶりなどを聞きながら、カップリングパーティーを開くことになります。カップル誕生後、「結婚」ということになれば、地域にとってもとても有益なこととなるでしょう。

2人で何回か会ううちに「結婚」への意思を決めていくことになりますが、この時、一般的には「3回」以上会った後にお断りするのは、少し失礼にあたります。

特に、「結婚相談所」などが行うお見合いパーティーの場合は、職業や身元など、しっかりと審査してから会員になれることが多く、また、その会員のみのパーティーの参加となることが多い。
仲介者には、「将来についての考えが合わなかった」、「家庭というものの考え方が違っていた」など、さまざまな理由でお断りするのが良いでしょう。

全部が全部そうではなく、50代から80代、さらには90代の方を対象として「中高年の結婚相談所」としているところもあります。

しかし、女性側から言えば、先に進まないならば、一回目で断ってもらったほうが良い、と思わないでもありません。

お見合い写真というのは、最近ではいわゆるスナップ写真で良い、とも言われています。

お見合い身上書と履歴書はほぼ同じようですが、若干違いがあります。


  


Posted by y5her431259 at 02:56Comments(0)お見合い